安全性の高い仮想通貨取引所はビットフライヤー!その理由とは?




2018年1月26日に仮想通貨業界に衝撃が走りました。

それはコインチェックが管理していた個人のNEM約600億円分がハッキングされて、流出してしまったというもの。

コインチェックが管理しているNEM以外の仮想通貨についても、取引が停止されてしまい、コインチェック本社の前では個人投資家による暴動で警察が出動するなどの事態になりました。

仮想通貨を持つ者の一人として、安全な取引所を選ぶことがいかに重要なのか、改めて気づかされました。

この記事では、安全に取引が出来る仮想通貨取引所の条件についてご説明し、その取引所がビットフライヤーであるという理由についてご説明します。

安全に取引が出来る仮想通貨取引所の条件

こちらの記事では仮想通貨取引所の選び方として11つのポイントを解説しています。

その中で紹介している11つのポイントのうちの「セキュリティーが高いかどうか」「仮想通貨交換業者に登録されているかどうか」「資本金が多いかどうか」が安全に仮想通貨取引ができる取引所の条件と言えます。

安全性を見極めるポイント

  • セキュリティが高いかどうか
  • 仮想通貨交換業者に登録されているかどうか
  • 資本金が多い取引所かどうか

それでは一つずつご説明します。

セキュリティーが高い仮想通貨取引所一覧

今回のコインチェックの騒動で最も注目されたことの一つが仮想通貨取引所のセキュリティ対策です。

セキュリティが高いかどうかを見分けるポイントは以下です。

セキュリティが高いかどうかを見分けるポイント

  1. コールドウォレット
  2. マルチシグネチャウォレット
  3. BTC入金確認に必要な承認の回数
  4. 二段階認証のログインがあるか否か

細かい内容はこちらの記事をみていただくとして、コールドウォレットを採用している取引所は以下です。

コールドウォレットを採用している取引所

  • ビットフライヤー
  • ビットポイント
  • ビットバングトレード
  • ビットトレード
  • ビットバンク

マルチシグネチャウォレットを採用している取引所一覧

マルチシグネチャウォレットについての詳細も先ほど紹介したこちらの記事を参照していただくとして、マルチシグネチャウォレットに対応している取引所は以下です。

マルチシグネチャウォレットに対応している取引所

  • ザイフ
  • ビットフライヤー
  • ビットバンクトレード
  • コインエクスチェンジ
  • GMOコイン

入金に必要な承認数や二段階認証のログインは大抵の取引所が採用しているので、割愛します。

仮想通貨交換業者に登録されている取引所一覧

仮想通貨交換業者とは、金融庁の一定の審査をクリアした取引所が登録できるものです。

資金決済法の定義に該当することが確認された業者であることから、一定の信頼性が担保された業者だと言えます。

こちらに登録されている業者の一覧は以下です。

マネーパートナーズ
QUOINE
ビットフライヤー
ビットバンク
SBIバーチャル・カレンシーズ
GMOコイン
ビットトレード
BTCボックス
ビットポイントジャパン
株式会社Bitcoin
ビットアルゴ取引所東京
エフ・ティ・ティ
BITOCEAN
フィスコ仮想通貨取引所
テックビューロ
Xtheta

引用:http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

コインチェックがこの取引所一覧に含まれていないことは、仮想通貨の投資家としては必ず知っておかなければいけない事だったのでしょう。

これから二次災害として、他の取引所でも同じような流出が起きる可能性があるので、この一覧に記載されていない取引所で仮想通貨取引をされている方は乗り換えることも検討してください。

ただし、この一覧に記載されている取引所が絶対に安全で間違いないというわけではありませんので、ご注意ください。

資本金が多い取引所かどうか

資本金が多い取引所であるかどうかも、非常に重要です。

コインチェックは流出したNEMのうちの約400億円を自己資金で保有者へ返金すると発表しましたが、実際に自己資金が400億円以上あるのかとても疑問です。

実際に、コインチェックの資本金を調べてみると、資本金は9,200万円ということで400億円には程遠い金額です。

資本金以外にも、コインチェックは別に現金も保有しているはずです。

そのため、コインチェックが保有している金額が9,200万円よりも多い可能性は十分考えられますし、逆に赤字企業であれば資本金の9,200万円を食いつぶして現金がないというケースも考えられます。

それはコインチェックの決算書をみてみないと分かりません。

ちなみに、国内の取引所で最も資本金が多い取引所はビットフライヤーですが、資本金が41億238万円ですから、コインチェックと比較して資本金の多さは歴然とした差があります。

安全な仮想通貨取引所はビットフライヤー

今まで安全性の高い仮想通貨取引所の項目および、それに該当する仮想通貨取引所を紹介してきました。

その全てに当てはまる仮想通貨取引所はビットフライヤーです。

ビットフライヤーが安全な理由

  • コールドウォレットに対応している
  • マルチシグネチャウォレットに対応している
  • 仮想通貨交換業者の登録業者
  • 資本金が多い取引所であるから

これらすべてに当てはまる取引所はビットフライヤーです。

安全に仮想通貨の取引をしたい方はビットフライヤーをおすすめします。

関連記事:ビットフライヤーの手数料・スプレッド・評判・取り扱い通貨・登録方法を解説




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です