黒マチャートをchromeで設定~ビットフライヤーで使う方法




bitFlyer Lightningはビットコインの現物・FX・先物取引ができる取引所です。

投資金額は最初少ない方にとってはまずはFXでレバレッジ取引をしてある程度の資金を作ってからICOや5倍・10倍・100倍(!?)もの値上がりを期待できる銘柄に投資したいのではないでしょうか。

そんな時、bitFlyer LightningでFXをする際に必須となるツールが黒マチャートです。

黒マチャートを使えばチャート表示の際にタイムラグがなく、エントリーしたい価格でエントリーできます。

ということで、この記事では黒マチャートをグーグルクロームに導入する方法についてお伝えします。

bitFlyer Lightningでは黒マチャートが採用された(2018年3月7日追記)

2018年3月7日現在、クロームから黒マチャートをダウンロードすることはできません。

理由は上記のkuromachartの公式ツイッターによると、公式チャートとして採用されたからとのことです。

黒マチャートの公式サイトにも採用された旨が記載されていました

つまり、クロームでダウンロードせずにbitFlyer Lightningでは黒マチャートを利用できるようになったのです。

ユーザーさんからの有難いコメントで発覚しました。

どうも、ありがとうございました。

黒マチャートをグーグルクロームに追加

まずはグーグルクロームを開いてください。

※グーグルクロームをお持ちでない方はこちらからグーグルクロームをインストールしてください → グーグルクローム

クロームを開いたら、検索窓の部分に以下のURLをはり付けてください。

https://chrome.google.com/webstore/detail/kuromachart/pjcmpnliaobchhnicichmnofdpgkpljk

※上記URLを閲覧しても404エラーが出ます。理由はbitFlyer Lightningで黒マチャートが採用されることとなり、ダウンロードをする必要がなくなったからです(コインチェック用の黒マチャートは残っています)。

 

 

その後、以下の画面となりますので「CHROMEに追加」のボタンを押してください。

その後、以下のような画面となりますので「拡張機能を追加」をクリックしましょう。

これで黒マチャートがクロームに導入されました。

bitFlyer Lightningを開いて黒マチャートを確認

続いて、ビットフライヤーにログインし、bitFlyer Lightningのページを確認しましょう。

すると、クロームの右上に以下のようなアイコンが表示されているはずです。

黒マチャートの導入方法は以上です。

もし、黒マチャートを無効にしたい場合は黒マチャートのアイコンをクリックしてください。

そうすれば、以下のように白黒のアイコンになります。

まとめ

黒マチャートを導入して、エントリーしたいタイミングで注文し、資産を増やしていただけたら幸いです。

ちなみに、黒マチャートはビットフライヤー向けのツールとなっていますので、他の取引所では使用ができないことをお伝えしておきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。




2 件のコメント

    • コメントありがとうございます。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

      コメントをいただいてからお調べしたら、404となっており、原因を調べました。

      黒マチャートそのものがビットフライヤーライトニングのチャートに採用されたことから、グーグルクロームのアプリからビットフライヤーライトニング用の黒マチャートが削除されていました。

      ご指摘いただいたことから、発覚し、記事にも反映しました。

      大変感謝しております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です