仮想通貨取引所Lemuria(レムリア)の手数料・評判・取り扱い通貨・登録方法を解説




レムリアは、バイクリメンツ株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

そんなレムリアの口座開設方法、入出金などによる手数料、レムリアで取引するメリットやデメリットなど解説いたします。

レムリアをサクッと紹介

レムリアは、まだまだ発展途上のみなし仮想通貨交換業者で、2018年3月には金融庁から業務改善命令を受けてしまった仮想通貨取引所です。

取扱通貨や手数料、機能面においてレムリア独自の強みはなく、他の仮想通貨取引所と比べると見劣りしてしまう感じは否めず、今後の動向に期待したい取引所です。

以下に、レムリアのメリットとデメリットをまとめています。

メリット

レムリアのメリット

  • 口座開設における本人確認書類の審査がとても速い!

デメリット

レムリアのデメリット

  • 取り扱い通貨がBTCの1種類のみ
  • アプリクイック入金など未対応
  • 2018年3月に金融庁から業務改善命令が出ている

どんな人におすすめか

レムリアをおすすめする方

  • すぐに口座開設をして通貨取引を行いたい方

レムリアのアカウント登録はこちら

レムリアの基本情報

仮想通貨交換業者 みなし仮想通貨交換業者
資本金 3,000万円
取引量 不明
ユーザー数 不明
日本円出金手数料 400円
BTC売買手数料(50万円の場合) Maker手数料:0%

Taker手数料:0.13%

取扱通貨 1種類(BTC)
使いやすさ
評判
販売所と取引所の有無 取引所のみ
即時入金 なし
即時入金手数料
BTC送金手数料 0.0005BTC
アプリ対応 未対応
公式サイト https://lemuria-trade.com/

レムリアの手数料やスプレッドについて

レムリアには販売所としての機能はなく、売り板と買い板によるユーザー同士の売買となりますので、販売所があるビットフライヤーやGMOコインのようにスプレッドを気にする必要はありません。

続いて、入出金手数料や取引手数料についてご紹介します。

レムリアの手数料は安い?高い?

レムリアの日本円による入出金手数料について、人気のある仮想通貨取引所と比較した表が以下になります。

レムリア Zaif ビットフライヤー
出金手数料 400円 350円~ 216円~
入金手数料 銀行所定額 銀行所定額 銀行所定額

レムリアの出金手数料は固定で400円となっており、出金額によっては他の取引所よりもお得になる場合があります。

具体的には、Zaifの場合は50万円以上の出金をすると756円かかります。

50万円未満であれば350円のため、少額取引および出金を行う方であればZaifがお得ということになります。

ビットフライヤーの場合は、お使いの銀行が三井住友銀行でかつ出金額が3万円を超えないケース(三井住友銀行で3万円以上の出金を行うと432円、それ以外の銀行口座だと出金額にかかわらず540円以上の手数料がかかります)を除いてレムリアがお得となります。

続いて、BTC / JPY の取引手数料について先ほどと同じ取引所と比較した表が以下になります。

取引所 Maker手数料 Taker手数料
レムリア 0% 0.13%
Zaif -0.05% -0.01%
ビットフライヤー 0.01%~ 0.01%~

※Maker手数料とは売買注文の板に注文を並べる時の手数料で場合によっては購入できないケースもある注文方法における手数料です。Taker手数料とは板に並んだ注文を必ず取る時の買い方で支払う手数料です。詳細は別の記事で説明します。

BTC / JPYの取引は、マイナス手数料キャンペーン中のZaifがお得という結果となりました。

ビットフライヤーとレムリアの売買手数料を比較した場合をご説明します。

レムリアの場合、Maker手数料は無料ですが、Taker手数料が0.13%取られます。

ビットフライヤーはMaker、Takerのどちらにせよ0.01%~の売買手数料がかかります。

以上のことから、Maker手数料はレムリアがお得ですが、Taker手数料はビットフライヤーの方がお得になることが分かります。

【最新】レムリアで取引可能な通貨について

レムリアで取り扱っている通貨は、2018年3月15日現在だと「BTC」しかありません。

ネットやSNS上を調べてみても、新しく取り扱う予定の通貨の噂や情報もなく、取引の選択肢がとても少ない取引所となっています。

レムリアが取り扱う通貨の最新情報が分かり次第、更新いたします。

レムリアの評判

レムリアの評判をtwitterにて調べてみました。

2018年3月8日に、金融庁が一部の「仮想通貨交換業者」と「みなし仮想通貨交換業者」に対して業務停止や、業務改善命令を出しました。

その中で、みなし仮想通貨交換業者としてレムリアを運営しているバイクリメンツ株式会社に対して業務改善命令が出されています。

詳細な内容は金融庁が公開している以下の記事をご覧ください。

参考:バイクリメンツ株式会社に対する行政処分について

業務停止を受けたビットステーションは、ユーザーから預かったビットコインを私的に流用しているという常識では考えられない取引所もありました。

このことから、バイクリメンツ株式会社が運営するレムリアは、一線を越えてはいないが、仮想通貨売買を行うためにはまだ対応が不十分な取引所であることが分かります。

そもそもレムリアおよび運営会社のバイクリメンツに関するツイートは、先ほどご紹介した業務改善命令に関係したもの以外ではまったく無い状況でした。

みなし仮想通貨交換業者であることや、運営会社の従業員数は11名程度でまだまだ通貨や機能が充実していないことを考えると、評判にならないのは仕方のないことなのかもしれません。

レムリアのアカウント作成(口座開設)から取引開始までの全手順

レムリアのアカウント作成から実際に仮想通貨取引が可能になるまでに以下の手順を行う必要があります。

取引開始までに必要なこと

  • レムリアのメール登録を済ませる
  • 口座開設のため個人情報と本人確認書類を登録する
  • 【待つだけ】本人確認書類の審査が通る(驚異の15分)
  • 【待つだけ】ハガキを受け取り認証コードを入力する

また、取引可能となるまでに必要なものは「メールアドレス」と「本人確認書類」だけです。

ここではPC環境でアカウント登録から取引開始までの手順をご説明いたします。

1.レムリアの公式サイトを開く

まずは、以下のリンクからレムリアの公式サイトを開きましょう。

レムリアのアカウント登録はこちら

2.まずはメールアドレスを登録する

画面右側にある入力フォームから、メールアドレスとパスワードを入力して、「新規登録」をクリックします。

すると、アカウントを有効化するためにメールを送ったというメッセージが表示されます。

メールを確認すると、上の画像のようなメールが届いているので画像にあるリンクをクリックしましょう。

以上の手順でレムリアのアカウントを作成・有効化することができました。

まだ仮想通貨の取引は行えないため、引き続き「設定ページ」をクリックしましょう。

3.基本情報と本人確認書類を登録する

次に、基本情報の入力と本人確認書類の登録を行います。

まずは、氏名や生年月日、電話番号を入力します。

続いて現住所を入力します。

次に本人確認書類を登録するため、「本人確認書類種別」のプルダウンをクリックしてください。

すると、上の画像のようにプルダウンが表示されるので、中からお好きな方法で本人確認の書類を選ぶことができます。

※ここでは「運転免許所」を選択した場合で話を進めさせていただきます。

次に「参照」から、提出する本人確認書類を添付します。

本人確認書類は、お持ちのスマホなどで撮影した写真をPCに送り添付しましょう。

続いて取引の目的や、利用規約をよく読みチェックを入れます。

最後に「保存」をクリック。

4.基本情報の登録、本人確認書類の提出完了!あとはハガキを待つ

以上の手順で、基本情報の登録および本人確認書類の提出が完了となります。

すると、すぐにレムリアから上記のようなメールが届きます。

提出書類の審査が通れば、確認コードを記載したハガキを郵送するとのことなので、あとは待つだけとなります。

運営者の場合、審査がたったの15分で済みました。

5.郵送物に書かれている本人確認コードを入力する

本人確認書類の審査が通ると、登録した住所宛にハガキが届きます。

中には本人確認コードが記載されいていますので、「本人確認」のページからコードを入力します。

以上で、レムリアの口座開設は完了となります。

まとめ

レムリアの手数料や評判、口座の開設方法などをご紹介しました。

レムリアは金融庁から業務改善命令が出ており、他の取引所と比べて機能面や取扱通貨など見劣りする点が多々あることから、今のところおすすめできる取引所ではありません。

とはいえ、今後は機能面が充実して利用価値のある取引所に生まれ変わる可能性もありますので、口座開設だけは済ませておいても損はないと思います。

レムリアのアカウント登録はこちら

ここまでご覧いただきありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です