スマートコントラクトの意味や仕組み~実例や失われる職業について




仮想通貨やブロックチェーン界隈で時々耳にするスマートコントラクトの意味や仕組みについて、仮想通貨やその他の実社会の例を用いてご説明します。

スマートコントラクトについて

スマートコントラクトとはどのような概念なのか簡単にご説明します。

スマートコントラクトの意味について

Wikipediaによるとスマートコントラクトの意味は以下です。

スマート・コントラクト(Smart contract)とは、契約のスムーズな検証、執行、実行、交渉を意図したコンピュータプロトコルである。

スマートコントラクトには第三者を介さずに信用が担保されたトランザクションを処理できるという特徴がある。1994年にNick Szaboにより提唱された。

ブロックチェーンおよび暗号通貨の主要な用途の一つでもある。

引用:Wikipedia―スマート・コントラクト

コンピュータプロトコルとは「コンピュータ間でどのようにデータを送るのか、どれだけのデータを送るのかの決め事」のことです。

よりかみ砕いて説明すると、スマートコントラクトとは「コンピュータによって決めた条件に従って契約を執り行う仕組み」、もっとざっくり言うと「契約の自動化の仕組み」のことです。

スマートコントラクトとブロックチェーンの関係性について

では、このスマートコントラクトという概念とブロックチェーンの関係性についてお伝えします。

ブロックチェーン技術は改ざんができない取引台帳の仕組みですが、スマートコントラクトにとってブロックチェーンの技術は欠かせないものです。

何故なら、スマートコントラクトで結んだ契約の改ざんをブロックチェーン技術によって防ぐことができるからです。

スマートコントラクトによって契約が締結され、仮にその後契約の改ざんが行われてしまうような事態となったら契約が執行できません。

ブロックチェーン技術がスマートコントラクトを支えているという認識を持っていただけたら十分かと思います。

身近なスマートコントラクトを用いたもの

我々の身近な場面でスマートコントラクトが用いられているものがあります。

自動販売機

自動販売機は「お金を支払えばジュースなどが出てくる」仕組みで、人が介在していない仕組みです。

ただ、諸外国では自動販売機の盗難などが懸念されていてあまり流行っていないケースもあるようですが、少なくとも日本においては自動販売機は機能しています。

自動改札機

自動改札機なども同様です。

ICカードを改札機にかざせば、自動的に改札が空き、改札を出るときは自動的にお金が支払われます。

ETCなどもスマートコントラクトの仕組みが活用されているといっていいでしょう。

仮想通貨とスマートコントラクトの関係

我々の身近なスマートコントラクトについてご説明したところで、仮想通貨とスマートコントラクトの関係についてご説明します。

イーサリアムとスマートコントラクト

イーサリアムとスマートコントラクトの関係について説明する前提として、イーサリアムの特徴をお伝えします。

イーサリアムの特徴

イーサリアムは取引を行うのと同時に契約内容の管理も行えます。

ビットコインの場合は取引情報の記録を残すことしかできませんが、イーサリアムの場合は取引情報を残しながら契約まで管理することが可能となります。

スマートコントラクトの概念が組み込まれた仮想通貨がイーサリアム

具体例をあげると、イーサリアムを支払うのと同時に商品・サービスを購入できるというようなプログラムを組み込みことができます。

ブロックチェーン上で商品・サービスの販売ができるという特徴がイーサリアムにはあります。

つまり、スマートコントラクトの概念と仮想通貨の概念が組み合わさったものがイーサリアムなのです。

社会へのインパクトについて

このスマートコントラクトの技術が社会にもたらすインパクトはすさまじいものがあると考えられます。

契約の自動化

スマートコントラクトによって様々な場面において契約の自動化が行われることとなります。

スマートコントラクトによって契約書そのものが必要なくなる時代が来る可能性があります。

契約の自動化によってこれから変化するサービスをご紹介します。

レンタカー

レンタカーは通常はレンタカー店舗に行き、契約をした上で車をレンタルし、利用後はレンタカー店舗で返却するという流れです。

このレンタカー利用時の流れですが、スマートコントラクトを活用すれば無人で行う流れになる事も可能です。

車のタッチパネルで契約をし、支払いをすませてレンタカーを利用するということができます。

具体的なものが、以下の動画です。

この動画は電子署名会社とクレジットカード会社の作った動画で、レンタカーの契約をタッチパネルで行えるという内容となっています。

他にもスマートコントラクトを活用できる分野は沢山あります。

不動産の売買

例えば、不動産の売買をする際、所有者Aさんの不動産をBさんに移転するという記録をしなければいけません。

この記録のことを「所有権移転登記」と言います。

この不動産売買の取引をするのは司法書士ですが(弁護士もできますが一般的に司法書士が行います)、この移転登記もスマートコントラクトの技術を活用できる可能性があります。

所有者がAさんからBさんへ移転したという記録をブロックチェーンの技術を活用すれば改ざんできない取引として記録できます。

このブロックチェーンを活用した所有権移転の記録ができれば登記手続きをする必要なく、不動産の売買をすることも可能です。

また、不動産の売買には資金の移動(買主から売主への売買金の移動や不動産仲介業者や司法書士への支払い)が不可欠です。

この資金の移動についてもブロックチェーン技術によって自動的に行うことも可能です。

家電の修理

家電が故障した場合、まずは故障の原因を調べてから家電量販店やメーカーへ連絡をして修理をするというような流れになるかと思います。

この家電の修理についてもスマートコントラクトを活用することが可能です。

家電が故障した時に、その故障の情況が家電の所有者とメーカーと修理業者へ自動的に連絡がいくように組み込むことも可能です。

イーサリアムの技術が組み込まれた通貨であれば支払いについても同時に行うことが可能です。

スマートコントラクトを活用した技術によって失われる仕事・職業についての考察

スマートコントラクトを活用した例についてご説明しました。

今後、スマートコントラクトを活用した技術によって失われる仕事について考察します。

スマートコントラクトを活用した技術が社会に広がることによって以下の業務は無くなっていくでしょう。

スマートコントラクトによって失われる業務

  • 受付業務
  • 契約業務
  • 集金業務

受付業務

受付業務はすでにロボットによって変わられるとも言われていますが、先ほど説明したレンタカー店舗のように商品説明および支払いを受け付ける業務は、無くなっていくことが考えられます。

契約業務

難しい不動産売買の契約なども、スマートコントラクトを活用した技術によって仲介業者が不在であっても行われるケースも考えられます。

司法書士や不動産仲介業者などの仕事もスマートコントラクトが社会に浸透することで失われる可能性があります。

契約に携わる弁護士業務なども、次第に減ってくることが予想されます(離婚問題など感情のもつれに起因する弁護士業務はケースバイケースなのでなくなることはないでしょう)。

集金業務

NHK受信料の集金や未払いの電気代・ガス代の集金などもスマートコントラクトの技術で「料金が支払われなかったら電気やガスやNHK放映をストップする」ようにプログラミングがされれば、それにまつわる集金業務が無くなる可能性があります。

不動産売買時に資金移動で不可欠な振込業務も失われる可能性があります(運営者はもともと銀行に勤務していたので感慨深いです)。

まとめ

スマートコントラクトを活用した技術や具体例などについてご説明しました。

スマートコントラクトによって社会がどのように変化していくか楽しみですが、新しい技術によって仕事を失う方もいる可能性がある事は気がかりだと感じました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です